虫歯について

虫歯について

 

虫歯になる仕組み

虫歯になる仕組み私たちの口の中には多くの細菌が存在しています。
その中には虫歯を作る原因となるミュータンス菌も含まれています。
お口の中の細菌そのものは悪いものではありません。
この細菌が歯磨きで落としきれない汚れに含まれる糖質を取り込むことでプラークが形成されます。
プラークとは、食べ物の残りかすのことではなく、虫歯の直接の原因となる細菌の塊のことです。

プラークは歯の表面に付着し、糖質を栄養分として増殖していきます。
やがてプラークは歯を溶かす「酸」を放出します。
歯の表面を覆うエナメル質は、酸に弱く容易に溶けてしまいます。
菌は歯の奥へと進んで行き、象牙質から歯髄(神経)、歯根まで達します。
歯根まで達した菌は、根の先に膿の袋を形成する場合もあります。
さらに放置すると、顎の骨にも感染を起こし骨膜炎という状態を起こしたり、細菌が血管を通り重大な全身の病気を引き起こすこともあります。

 

唾液の作用

唾液の作用私たちの口の中は通常、ほぼ中性に保たれています。
しかし、口の中に食べ物が入ると、PHが下がり口の中が酸性に変化します。
口の中が酸性になると、歯のエナメル質からカルシウムが溶け出す「脱灰」という現象が起こり、虫歯になりやすい状態になります。
唾液にはこの酸性の状態を中性へと戻す役割があります。
さらに唾液は、酸性の状態で溶け出した歯のミネラル成分を修復する「再石灰化」を行います。
ですから、唾液の分泌が少ない人は酸性の状態が持続しやすく、虫歯になりやすいのです。

 

虫歯の進行

虫歯の進行

C0(初期虫歯)

歯の表面が溶け始めた状態で、自覚症状はありません。健康な歯の表面は透明感がありますが、脱灰が起こると、その部位が白っぽくなるのが特徴的です。
適切な歯みがきや、フッ素塗布などにより進行が防げるので、治療として歯を削る必要はありません。

C1

初期の虫歯で、痛みはありません。虫歯を取り除き、樹脂の材料を詰めるという簡単な治療で終わります。歯科検診を定期的に受けるなどして、ごく初期の段階で虫歯を見つけることが大切です。

C2

虫歯が象牙質まで達すると進行も早く、神経に近づくにつれ、冷たいものがしみ、痛みを感じます。治療は、まず虫歯部分を取り除き、型取りをして、インレーという部分的な詰め物をセットします。

C3

虫歯が神経まで達した状態で、熱いものがしみたり、何もしないのに激しい痛みを伴います。この段階では、神経を取り除く治療が必要になります。根管治療には、針の形をした専用の器具を用いて治療を行っていきます。その後歯を作っていくので、治療回数と時間、費用がかかります。

C4

虫歯で歯がなくなり、根っこだけになった状態です。
激しい痛みがしばらく続いた後も虫歯を放置すると、やがて痛みがなくなる段階がきます。C4まで虫歯が進行すると、痛みを感じる神経そのもの壊死してしまうので、痛みを感じなくなるのです。この状態をさらに放置すると、根に膿みを持つようになり、こうなると強烈な痛みを感じるようになります。
この段階まで虫歯が進行してしますと、治療の際に麻酔も効きにくくなり、保存治療(歯を残す治療)も困難になる場合があります。

Pocket