歯内療法(歯の根っこの治療)

    • 歯がうずいて眠れない
    • むし歯が悪化して歯の神経まで達してしまった
    • 神経を抜いたのに歯が痛い
    • 歯の根のあたりの歯茎が腫れる(膿がでる)
    • 神経の治療の途中で歯に穴が開いたままになっている
このような症状、状態の場合、歯の根をきれいにする治療、歯内療法の対象となります。

歯内療法「歯内療法」とは、歯の内側にある神経が炎症を起こしたり、歯の根の先のほうで病気ができた時などに行う治療です。
一般的に「歯の根の治療」「神経の治療」と呼ばれています。
このような場合に痛みをなくし、病気を治し、再発しないようにするために行います。

根管治療で用いるリーマーリーマーやファイルと呼ばれる器具で、細菌に感染してしまった歯質や神経を徹底的に取り除きます。

アピット(根幹長測定器) 歯の内側にある神経は細く複雑な作りになっているため、アピット(根幹長測定器) を用いて根の長さを測定し、歯の内側の状況把握に努めます。
また、完全に細菌を取り除くことが非常に難しく、しかも細菌を取り残した状態で詰め物を詰めたり、かぶせ物をかぶせてしまうと、後々細菌が増殖してトラブルが出てきてしまうこともあります。

「歯内療法」の治療期間は、早い場合2~3回で終わることもありますが、治りが悪い場合には1~2ヶ月くらいかかることもあります。
いつまでたっても治らない場合には、歯が割れていたり、歯の根の形が非常に複雑になっていたりする可能性もあり、抜歯になったり根の先を切る手術が必要になる事もあります。

きちんと治療を行わないと、歯の根の中にバイキンが残ったままになり、最悪の場合、歯を抜かなければなりません。

歯の根の治療は、ご自身の歯を残す最後の手段です。最後まできちんと行いましょう。

Pocket