歯、口内の悩みの徹底分析!男性と女性の悩みの違いとは!!

歯の悩み男女で悩みが違うの?歯や口に関する悩みを解説!
歯科医院には虫歯や歯周病などの治療だけでなく、歯の黄ばみや歯並びなどに悩み、多くの人が訪れています。
歯や口に関する気になる症状や悩みはさまざまなものがありますが、男性と女性では悩みに違いがあるのでしょうか?
ここでは、歯や口の中の悩みに関する男性と女性の違い、また、年代の違いなどを解説します。


 

女性が気になるのは歯の着色

歯の黄ばみ口や歯に関して気になっていることや悩みを尋ねると、虫歯や歯の着色、口臭などを挙げる人が多いです。
男女別に見ると、女性に多い悩みは「歯の着色や黄ばみ」で、ある調査では回答者の半数を超えていました。
男性が3割に満たないことを考えると、女性の割合の高さは特徴的です。
また、歯の着色を挙げた女性からは「見える部分だから」という意見やコーヒーや紅茶などをよく飲むので「黄ばんでいるから」という理由がみられました。
さらに、女性が悩みとして他に挙げたのは、口臭や虫歯、歯並びなどです。

花子
女性は歯の着色を気にしているんですね?

川上太郎
はい、歯に関する他の調査でも女性の悩みのトップは歯の着色・変色だったそうです。

麗子
海外の調査ですが、女性は男性よりも7倍以上笑っているという話を聞いたことがあります。笑ったときには口元が目立つので、歯の黄ばみがあると気になるでしょうね?

花子
そうですよね。白くてきれいな歯だったら自信をもって笑えるし、ステキな笑顔になりそうですね。

 

男性に多い悩みは口臭や虫歯

気になる口臭一方、歯や口に関する男性の悩みは「口臭」や「虫歯」です。
口臭は女性の中にも気になるという人の割合が多く、また、虫歯を気にしている女性も少なくありません。
口臭と虫歯は男女ともに悩みの原因といえるでしょう。
他に、男性が気になる症状として挙げているのは歯並びの悪さや歯の着色、また、歯茎がやせてきたことや歯槽膿漏などです。

花子
口臭で悩んでいる男性の割合ってどのくらいなんでしょうか?

川上太郎
そうですね。調査によって違いがあって2割程度の場合もありますが、4割以上という調査結果もあります。虫歯を気にしている男性は3割~4割程度のようです。

 

年代別にみた歯や口の悩み

歯や口の悩みを20代~70代の年代別に調査した結果をご紹介しましょう。
20代~40代の年代で多いのは「歯の着色や黄ばみ」や「虫歯」、また、50代~70代では「歯茎のやせ」を気にする人の割合が増加します。
さらに、「口臭」について年代別にみると、20代~50代までの各年代で口臭を気にしている人の割合はほぼ同じで変化がありません。

麗子
年代によって歯や口の悩みは変わるのですね?歯の着色を気にするのは比較的若い年代のようですが…。

川上太郎
そうですね。ここで紹介した調査では歯の着色を気にしている割合がもっとも多かったのは30代で、4割を超えていました。20代と40代の人は4割弱で、50代になると3割を下回ります。しかし、50代は虫歯や歯茎のやせなども気になってくる年代で、さまざまな歯の悩みをもっているといえるでしょう。

 

まとめ

虫歯や口臭の悩み歯や口の中の気になることや悩みについてアンケート調査を基に紹介しました。
男女別にみてみると女性は歯の着色を気にしている人が多く、調査によって割合は異なりますが上位を占めています。
また、女性の方が男性よりもよく笑っているという調査やおしゃべりをするのも女性の方が多いことなどを考えると、女性にとっての歯の見た目は重要な要因といえるでしょう。
一方、男性に多い口臭や虫歯の悩みは女性にも多く、男女に共通した悩みとなっています。

Pocket