金属を使わないメタルフリー治療

メタルフリー治療とは

メタルフリー治療現在、保険診療では、金銀パラジウムという「銀のつめもの」や「銀の被せ物」が主に使われています。
金銀パラジウムは、噛む機能には問題ありませんが、お口の中で腐食してイオンとして溶け出し、体内に蓄積されることで、金属アレルギー・歯ぐきが黒くなる・味覚障害など身体のさまざまな不調の原因となることがあります。

そこで、金属を使わないメタルフリー治療が注目されているのです。

メタルフリー治療は身体に優しいだけでなく、白く美しいセラミックやジルコニアで治療するので、お口の見た目の美しさも違ってきます。

 

メタルフリー治療のメリットとデメリット

メリット

    • 透明感、色など天然歯に近く、審美性に優れている
    • 汚れがつきにくいので、虫歯や歯周病になりにくい
    • 金属アレルギーのリスクがなく、身体に優しい
    • オールセラミックやジルコニアなど内面に金属を一切使用しないセラミックを使用することで、歯ぐき境目が黒っぽくみえない

デメリット

    • 保険が使えないので費用がかかる

当院で使用しているメタルフリーの詰め物、被せ物

 

オールセラミックインレー(全てセラミックの詰め物)

オールセラミックインレー

¥40,000


ハイブリットインレー(セラミックとプラスチックが混ざった詰め物)

ハイブリットインレー

¥20,000


オールセラミッククラウン(全てセラミックの被せ物)

オールセラミッククラウン

¥100,000


※金額はすべて税別表記となります。

Pocket