矯正歯科

矯正治療とは

悪い歯並びやかみ合わせを、矯正器具を用いて正しくする治療です。
きれいな歯並びは虫歯や歯周病の予防につながり、将来的な口の健康維持に貢献します。
さらに、美しい口元を手に入れることで笑顔に自信を持つことができます。

治療前後比較美しい歯並びは、人の顔の印象を良くします。

治療前後比較また、外見だけの問題ではなく、歯並びは健康と密接な関係をもっています。

治療前後比較歯並びの悪い方、お子様の歯並びが気になる方、まずは専門の矯正歯科医師にご相談されてはいかがでしょう。(相談料は無料です)

 
歯並びが悪いと・・・
歯並び、噛み合わせが悪いと、虫歯や歯周病になりやすい、肩こり、腰痛、顎関節など全身の健康への影響、また、言葉の発音が悪くなることも。

治療を始める時期・・・
乳歯が永久歯に生え変わった頃が一般的。しかし、あごの成長によっては、もっと早期の治療が望ましい場合もあります。また、大人の方も治療は十分可能です。

 

当院の矯正歯科の特色

    • 短い治療期間で長期に安定する歯並びを目指します
    • 効果的な力で歯を動かし、痛みが少ない治療を目指します
    • 目立たない、違和感が少ない、最新の矯正装置を使用します
    • CT、頭部規格写真(セファロ)など、最新のデジタルエックス線装置を使用します
    • 歯並びだけでなく、顔立ち、口元の形態、歯周組織を配慮した総合的な治療を行います
    • 矯正歯科専門の高い技術を持ったドクターが治療します
    • 治療の進み具合を、写真を使って説明します
    • 治療前に予測模型(セットアップ模型)を製作し、シュミレーションできます
    • 完全予約制のため、待ち時間を最小限にします

矯正歯科で必要な検査機器 セファログラム(頭部X線規格写真)とは

矯正歯科が一般歯科と違うところは、セファログラムを使って、顔面、頭部のレントゲン写真を撮影、分析・診断を下すことです。
また、経時的に撮影して骨格の成長の変化や歯の移動を観察します。
そのため、セファログラムは矯正専門医院に設置される一番重要な機器でもあります。

セファログラムでわかること
セファログラム矯正治療前の診断時、矯正治療中の状態確認、矯正治療終了後の確認など、 同じ規格で撮影したレントゲン写真があれば経時的にその変化が把握できます。

セファログラムによる解析セファログラムでは、「上下顎の大きさとそのズレ」「顎の形」「歯の傾斜角」「口元のバランス」などについて知ることができます。

矯正診療は個人差があります。
費用についてはお気軽にご相談ください。

 

矯正治療Q&A

 

矯正治療はいつから始めればいいですか?

歯並びによって、成長期から治療を開始した方がよいものと、永久歯に交換するまで待ったほうがよいものがあります。
子供の頃なら簡単な装置で治ったものが、大人になるまで放置しておいたために手術が必要になるようなケースも中にはありますので、早い時期に一度専門医に相談することをおすすめします。

 

矯正治療は何歳までできますか?

歯と歯を支える骨や歯肉の状態が健康であれば、矯正治療に年齢制限はありません。骨が硬く、子供よりも歯が動くのが遅いので多少期間が長くなることもありますが、成人でも十分可能です。30~40歳代から矯正を始める方も増えてきています。なかには60歳を過ぎた患者さんもおられます。

 

期間はどれくらいかかりますか?

症状や年齢によって違います。
永久歯列で、上下のあごのバランスに大きな問題がない場合、装置をつけている期間は平均2年~3年くらいで、その後、歯並びがもどらないように、保定する期間が必要です。
子供の受け口や出っ歯の場合には、第1段階の治療(上下のあごの成長のバランスをコントロールする)を1~2年、第2段階の治療(永久歯の歯ならびでの仕上げ)を2~3年、おこなうこともあります。
矯正治療は永久歯が全部きれいにならび、あごの成長が落ち着いてはじめて終了となりますが、その間必ずしもずっと装置が必要なわけではありません。

 

どんな歯並びも治せますか?

歯と歯の周りの組織に問題がなければ、基本的に治療は可能です。
ただ、歯や口元をぶつけたことがある場合、歯と骨が癒着してしまい、矯正力をかけても歯が動かない場合があります。
また、上下のあごの大きさや位置の問題が大きい場合には、歯を動かすだけでは咬み合わせの改善が難しい場合があり、あごの手術を併用する必要があることもあります。

 

痛みはありますか?

装置を入れたときや、ワイヤーを調節したときなど、違和感や噛んだときに鈍痛がでることがあります。
歯が動く上での自然な痛みなので、心配はいりません。痛みの感じ方には個人差がありますが、2~3日でおさまることが多いようです。
矯正の相談料は無料となっていますので、歯並びやかみあわせが気になる方は、一度相談にお越しください。実際にお口の中を診て、治療方針や期間、料金についてご説明いたします。

 

歯を抜かないで治してもらえますか?

歯とあごの大きさのバランスが悪いことが原因で歯並びが悪い(ガタガタや出っ歯など)場合には、歯を抜くことが必要になるケースがあります。
程度によっては、あごの大きさを横に拡げたり、奥歯を後ろに下げることで対応できることもありますが、正しい咬み合わせにするためには抜歯が避けられない場合もあります。
本来抜歯が必要なケースで、歯を抜きたくないばかりに無理にあごを拡げると、骨から歯が飛び出してしまったり、歯が前に出て、口元が不自然になったり口を閉じにくくなったりすることがあります。
骨の中に無理やり歯を並べているので、装置をはずすと元に戻ってしまうこともあります。

抜歯が必要かそうでないかはケースによって異なります。実際に治療を開始する際には、歯型を計測し、レントゲンをコンピューターで分析し、骨の中の歯の位置・角度を細かく計測した上で、理想的な状態に治療するために、抜歯・非抜歯のどちらがよいかを診断しています。

抜歯が必要と診断した場合には、小臼歯(前から4番目または5番目の歯)を抜くことが多いです。歯を抜いたスペースは歯並びの改善に利用して、きちんと閉じるので、治療後にはどの歯を抜いたかわからない状態になります。

ガタガタと出っ歯

ガタガタと出っ歯

はじめの状態。ガタガタと出っ歯が主訴でした。

前から4番目の歯を抜いて矯正装置をつける前から4番目の歯を抜いて矯正装置をつけています。

矯正治療が終了した状態

矯正治療が終了した状態

矯正治療が終了した状態。歯を抜いた隙間を利用してガタガタと出っ歯がきれいに治っています。

 

主な不正咬合のご紹介

    • 出っ歯
    • 上顎前突正式名は上顎前突。
      上の歯やあごが前に出でいる、もしくは下の歯やあごが後ろにひっこんだ状態

    • 受け口
    • 下顎前突正式名は反対咬合、下顎前突。
      下の歯が上の歯よりも前にかみこむ状態

    • 乱ぐい歯
    • 叢生正式名は叢生(そうせい)
      歯が重なりあって、ガタガタに並んでいる状態

    • 開咬(かいこう)
    • 開咬奥歯でかんでも、上下の前歯の間に隙間があいた状態

    • すきっ歯
    • すきっ歯正式名は空隙歯列
      歯と歯の間に隙間があいた状態

    • 過蓋咬合
    • 過蓋咬合かんだときに下の歯がほとんどみえないくらい、かみあわせが深い状態

矯正治療日のご案内

~パンジョ診療所~
第2土曜以外の土曜日
午前9:30-12:00 午後2:00-7:00

~あべの診療所~
第2土曜日 午前9:30-12:00 午後2:00-7:00
第3日曜日 午前9:30-12:00 午後2:00-5:00

Pocket