ジルコニア

「美しい歯にしますか?それとも、長持ちする歯?美しさも、強さも、両方欲しいならオールジルコニアがあります。」

ジルコニアってなんですか?

ジルコニアダイヤモンド代用石として、宝飾品に使われるキュービックジルコニアをご存知でしょうか?
歯科で使われるジルコニアは、これに近い組成で、セラミック(陶磁器)の仲間です。
金属のように腐食することがなく、生体親和性も良いことから、医療分野でも人工関節などに使われています。
とても美しく、とても耐久性のある素材です。
    • 見た目がきれいです
    • 天然歯に近い自然な色、艶、透明感のある美しい仕上がりです。
      金属を使いません

    • 金属を使いません 
    • 金属アレルギーや、金属による歯肉の黒ずみの心配が低くなります。

    • とても強い素材です
    • 強度と耐久性があります。
      噛みしめる力がかかる奥歯や、歯ぎしりをする人でも使える、丈夫な素材です。

    • 歯肉にやさしい
    • 歯垢が付着しにくいため歯間の炎症を起こしにくい素材

こんな場合に使います

  1. 治療で歯を削ったり抜いたりした場合
  2. 昔入れたクラウン(被せ物や差し歯のこと)などを作りなおしたい場合
  3. 歯の色や形の見た目を良くしたい場合
ジルコニアは、スペースシャトルの外壁にも使われるほど軽く強いものです。
体に優しいため世界中で年間500万本以上口腔内に使用され、安全性・信頼性・実績のあるものです。

ジルコニア素材ジルコニアを被せ物やブリッジにする場合、パソコン上で設計を行い最新の器材でジルコニアの塊から歯やブリッジを削りだします。
金属は溶かして作るため変形することがありますが、塊を削ることで精度の高い被せ物ができます。
当医院には院内ラボがあり、歯科技工士が常駐していますのでチェアサイドでの色合わせや噛み合わせなどドクターと技工士で素早く対応いたします。



 

「CAD-CAM」って?

CAD-CAMCAD-CAM(キャド・カム)とは、コンピュータで歯の形を記録して、自動切削機でジルコニアの塊を削って患者様の歯にピッタリと適合するキャップを造る技術です。
このようにして造られたジルコニアのキャップの上に、歯科技工士が陶材を盛り上げ、電気炉で焼成して、一本一本丹念にセラミックの歯を作り上げていきます。

CAD-CAMでデザインされた歯は、その方だけのオーダーメイド。
ミクロン単位でデザインできるので、お口にぴったりとフィットします。
それに、金属のように重くないので、お口の中に違和感が残りません。

体に優しく。ジルコニアは、人工関節としても使用されるほど人間の体に優しい材料です。
この材料を歯科治療に使用すれば、外見が美しいだけでなく金属イオンの流出がなくなりアレルギーの心配が軽減されます。 又、歯垢が付着しにくいため歯肉に炎症を起こしません。口腔内にセットするものですから自然に近い安心できる素材をおすすめします。

型取りした状態型採りした状態

ジルコニアの試適ジルコニアの試適
一般的な金属の土台と異なりジルコニアは白く透過性があるため、見た目が美しく自然な歯を創り出してくれます。

陶材を盛り上げ完成陶材を盛り上げ完成です。

お口の中にセットお口の中にセットしました。

ケアーズ(CAD/CAM)当医院ではストローマン社の最新の機器ケアーズ(CAD/CAM)で歯の形をスキャンし、コンピュータでデザインしてジルコニアの冠やブリッジを制作しています。

Pocket