堺市南区の歯医者なら川上歯科パンジョ診療所厚生労働省認定 歯科医師臨床研修施設
労災保険 指定医療機関

川上歯科パンジョ診療所

川上歯科パンジョ診療所

診察のご予約はこちらまで
診察のご予約はこちらまで
0120-33-8211
072-290-6411
電話受付 9:30-19:30(日曜休診)
WEB予約
初診の方はこちら
川上歯科パンジョ診療所のブログ

ブログ

川上歯科パンジョ診療所 ブログ

診療時間
9:30~12:30 ×
14:00~19:30 ×
  1. ※ 休診日:日曜日、祝祭日、年末年始、お盆の時期
2022/03/28
ブログ

乳歯の生え変わりについて

春休みに入り、検診に来てくれるお子様も多くなり、

「グラグラしている乳歯は早目に抜いた方がいいの?それとも自然と抜けるのを待っても大丈夫なの?」

などと、聞かれることが多くあったので、今回は乳歯の生え変わりについてお話したいと思います。


 

乳歯の生え変わりは、6歳頃に下の前歯から始まるケースが多いです。

それから、下の前歯が抜ける時期を前後して、いちばん奥に 6歳臼歯” と呼ばれる第一大臼歯が生えてきます。

その後7歳頃、小学生になるころに上の前歯が抜けて・・・

そこからは上の歯と下の歯と交互に、奥歯に向かってどんどん乳歯が永久歯に生え変わっていきます。


12歳くらいで乳歯が全部抜けて、中学生になる頃に、6歳臼歯の後ろに “12歳臼歯” と呼ばれる第二大臼歯が生えてきて、親知らず以外の永久歯が全て生え揃います。

 

乳歯がグラグラしているだけなら、自然に抜けるのを待っても問題はありません。

ただし、乳歯がなかなか抜けず、永久歯が横や裏から出てきたり、グラグラしている乳歯の隙間からばい菌が入って、歯肉が腫れたり、永久歯が虫歯になりそうな場合は、抜いてしまった方がいいケースもあります。

 

永久歯への生え変わりは個人差が大きく、また、男の子よりも女の子の方が生え変わりの時期が早い傾向があるとされています。


あまり神経質になることはありませんが、お子さんの歯の生え方が気になったり、なかなか歯が抜けない

反対に歯は抜けたのに、永久歯が出てこなくて心配

という時には、レントゲン写真で、まだ生えてない歯肉のなかに埋まっている永久歯の状態を確認することも出来ます。

 

心配なことは、何でもお気軽にご相談下さいね(*^_^*)


お子様の歯について、もう少し知りたい方はこちらもどうぞ↓

https://kawakamishika-panjo.com/yobo

関連記事

堺市南区の歯医者なら川上歯科パンジョ診療所

川上歯科パンジョ診療所
〒 590-0115 大阪府堺市南区茶山台1-2-4 パンジョ西館3F
TEL
0120-33-8211
診療時間
9:30~12:30 ×
14:00~19:30 ×
  • ※ 休診日:日曜日、祝祭日、年末年始、お盆の時期