堺市南区の歯医者なら川上歯科パンジョ診療所

厚生労働省認定 歯科医師臨床研修施設
労災保険 指定医療機関

川上歯科パンジョ診療所

川上歯科パンジョ診療所

診察のご予約はこちらまで
診察のご予約はこちらまで
0120-33-8211
電話受付 9:30-19:30(日曜休診)
WEB予約
川上歯科パンジョ診療所のブログ

ブログ

川上歯科パンジョ診療所 ブログ

診療時間
9:30~12:30 ×
14:00~19:30 ×
  1. ※ 休診日:日曜日、祝祭日、年末年始、お盆の時期
  • HOME
  • ブログ
  • 歯が生える順番 歯の生え変わり
2023/04/28
ブログ

歯が生える順番 歯の生え変わり

歯の生え変わりとは、「乳歯から永久歯への変化」のことを指します。


最初に生える歯は、乳歯と呼ばれます。
数は20本で、それぞれに名前があります。


赤ちゃんの歯が生える順番は一般的に以下の通りです


・下の前歯(6〜10ヶ月)
・上の前歯(8〜12ヶ月)
・下の側切歯(10〜16ヶ月)
・上の側切歯(9〜13ヶ月)
・第一大臼歯(13〜19ヶ月)
・下の犬歯(16〜22ヶ月)
・上の犬歯(16〜23ヶ月)
・第二大臼歯(25〜33ヶ月)


ただし、個人差があり、歯が生える順番も完全に順当ではありません。
また、歯が生えるタイミングも個人差があり、これらの期間は目安となります。


乳歯は通常、6か月から12か月の間に生え始め、2歳から3歳までに完全に生え揃います。
その後、約6歳から7歳の間に、乳歯が永久歯に置き換わり始めます。
永久歯の生え変わりは、前歯から始まり、後ろに向かって進みます。                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                             最初に生え揃うのは、前歯の上下4本で、その後、犬歯、前臼歯、そして奥歯が生え揃います。
これにより、永久歯が乳歯に置き換わる過程が進行し、20本の永久歯が完成します。
この過程は、約6年から8年かかり、12歳から13歳までに完全に終了します。


歯の生え変わりは、お子様の成長にとって、とっても重要です。
乳歯は、永久歯が生えてくると徐々に抜け落ちていき生え変わりますが、永久歯は、乳歯と比べて大きく丈夫なため生え変わることもなく、成人するまで使える歯として大切です。


お子様が生え変わりの段階にあるかどうかを確認するためには、歯科医師に相談することがおすすめです。
気になる方は一度お子様とご一緒に川上歯科へ(^▽^)/

関連記事

堺市南区の歯医者なら川上歯科パンジョ診療所

川上歯科パンジョ診療所
〒 590-0115 大阪府堺市南区茶山台1-2-4 パンジョ西館3F
TEL
0120-33-8211
診療時間
9:30~12:30 ×
14:00~19:30 ×
  • ※ 休診日:日曜日、祝祭日、年末年始、お盆の時期
0120-33-8211