堺市南区の歯医者なら川上歯科パンジョ診療所

厚生労働省認定 歯科医師臨床研修施設
労災保険 指定医療機関

川上歯科パンジョ診療所

川上歯科パンジョ診療所

診察のご予約はこちらまで
診察のご予約はこちらまで
0120-33-8211
電話受付 9:30-19:30(日曜休診)
WEB予約
川上歯科パンジョ診療所のブログ

ブログ

川上歯科パンジョ診療所 ブログ

診療時間
9:30~12:30 ×
14:00~19:30 ×
  1. ※ 休診日:日曜日、祝祭日、年末年始、お盆の時期
2023/06/21
ブログ

フッ素入り水道水について

フッ素入り水道水を導入している国は、香港、シンガポール、マレーシア、アイルランド、アメリカ、オーストラリア、ニュージーランド、英国などの多くの国々や地域で導入されています。

フッ素入り水道水を導入するメリットは、

1.歯の健康向上
フッ素は、歯のエナメル質を強化し、むし歯の予防効果があるとされています。フッ素入り水道水の摂取により、歯の健康を保つことが期待されます。

2.低コスト
 フッ素入り水道水を導入することで、個別にフッ素の補給を行う必要がなくなります。個々の人々がフッ素のサプリメントや歯磨き粉を買う必要がなくなり、コストの節約になる可能性があります。

3.公衆衛生の向上
フッ素入り水道水の導入により、むし歯の発生率が低下することが期待されます。これは、歯の健康を維持するだけでなく、口腔衛生の改善や関連する健康問題の予防にもつながる可能性があります。

デメリットは、

1.過剰摂取のリスク
適切な濃度でフッ素を添加することが重要です。過剰なフッ素摂取は、フルオローシス(歯の変色)やスケルトンフルオローシス(骨の異常)などの健康リスクを引き起こす可能性があります。フッ素添加の管理が不十分な場合、健康被害のリスクが増大する可能性があります。

2.味や臭いの変化
フッ素添加により、水道水の味や臭いが変化することがあります。これは個人の好みによって異なりますが、一部の人にとっては受け入れがたいかもしれません。

3.環境への影響
 フッ素添加により、水道水の処理に関連する環境への影響が生じる可能性があります。フッ素添加の過程や副産物の処理について、環境への悪影響を最小限に抑えるための対策が必要です。


フッ素入り水道水の導入には、歯の健康向上や低コストの利点がありますが、フッ素の適切な管理や環境への配慮が重要です。

各国はこれらの要素を考慮しながら、フッ素添加の適切な方法を決定しています。


関連記事

堺市南区の歯医者なら川上歯科パンジョ診療所

川上歯科パンジョ診療所
〒 590-0115 大阪府堺市南区茶山台1-2-4 パンジョ西館3F
TEL
0120-33-8211
診療時間
9:30~12:30 ×
14:00~19:30 ×
  • ※ 休診日:日曜日、祝祭日、年末年始、お盆の時期
0120-33-8211