堺市南区の歯医者なら川上歯科パンジョ診療所

厚生労働認定 歯科医師臨床研修施設

川上歯科パンジョ診療所

医療法人 富歯会

診察のご予約はこちらまで
0120-33-8211
電話受付 9:30-19:30(日曜休診)
川上歯科パンジョ診療所のブログ

ブログ

川上歯科パンジョ診療所 ブログ

診療時間
9:30~12:30 ×
14:00~19:30 ×
  1. ※ 休診日:日曜日、祝祭日、年末年始、お盆の時期
2019/11/18
ブログ

シーラントとは(虫歯予防処置)

こんにちは。

今日はお子様の6歳臼歯についてです。

6歳臼歯とは、6歳頃に生えてくる永久歯で、乳歯列の一番後ろに生えてくる永久歯=第一大臼歯のことをいいます。



食事する時に一番に活躍するのがこの歯です。

が、歯ブラシが届きにくいため、汚れが溜まり虫歯になることが多く歯の中で最も寿命が短い永久歯でもあります。

そのため、この歯を虫歯から守るには、生え始めからのケアが必要になってきます。



6歳臼歯は完全に生えるまでに1年ほどかかります。

乳歯の奥に生えてくるので、完全に生えるまでの間は手前の乳歯より背が低く、普通の磨き方では歯ブラシの毛先が届きません。

そのため磨きにくく、むし歯になりやすいのです。

6歳臼歯の歯の溝はとても深く、虫歯の始まりはこの溝からが一番多いです。



では、どのようにして子供の6歳臼歯を虫歯から守るのか・・・

6歳臼歯の虫歯の始まりは歯の溝からが一番多いので、この溝をフッ素配合した樹脂で埋めると溝は浅くなり、虫歯になりにくくなります。

この処置をシーラントといいます。

シーラントは歯を削ることがないので、痛みの無い治療です。

お子様にとっても負担がなく、治療にも時間がかからない保険治療になります。



シーラントをしたら虫歯にならない?

⇒あくまで予防処置になるので、シーラントを施した溝以外は正しく歯磨きをしないと歯と歯の間や、歯と歯茎の間から虫歯になることがあります。

そして、磨耗や咬み合わせなどによってシーラントが取れることがあります。

そのため定期的に検診に来ていただくことをおすすめします。



小学生になると乳歯から永久歯に生えかわります。

この時期は、お口の中が乳歯と永久歯が入り混じった状態になるため虫歯になる確率があがってしまいます。

もしひどい虫歯になって抜いてしまうと、歯並びがガタガタになってしまい、顎がカクカク鳴ったりする顎関節症や、噛む力にも密接に関係しているのでしっかりケアして

むし歯から守ってあげることが大切です。

シーラントは歯は削りません。

痛くない処置です。

歯医者が苦手だったり、怖い印象をお持ちのお子様にも『歯医者は、怖くない』という印象を残すことができます。

6歳臼歯が生え始めたお子様や、乳歯と永久歯が混在しているお子様にとってもおすすめです。

予約のお電話お待ちしております( ´∀` )



もっと詳しく知りたい方はこちらからどうぞ

https://kawakamishika-panjo.com/yobo






関連記事

堺市南区の歯医者なら川上歯科パンジョ診療所

川上歯科パンジョ診療所
〒 590-0115 大阪府堺市南区茶山台1-2-4 パンジョ西館3F
TEL
0120-33-8211
診療時間
9:30~12:30 ×
14:00~19:30 ×
  • ※ 休診日:日曜日、祝祭日、年末年始、お盆の時期