堺市南区の歯医者なら川上歯科パンジョ診療所厚生労働省認定 歯科医師臨床研修施設
労災保険 指定医療機関

川上歯科パンジョ診療所

川上歯科パンジョ診療所

診察のご予約はこちらまで
診察のご予約はこちらまで
0120-33-8211
電話受付 9:30-19:30(日曜休診)
WEB予約
川上歯科パンジョ診療所のブログ

ブログ

川上歯科パンジョ診療所 ブログ

診療時間
9:30~12:30 ×
14:00~19:30 ×
  1. ※ 休診日:日曜日、祝祭日、年末年始、お盆の時期
2022/10/25
ブログ

ブラキシズムについて

最近、急に気温も下がり毎日寒いですね。

そんな急な気温変化により、無意識に食いしばりなどしていませんか?

 

今日は食いしばりや歯ぎしり『ブラキシズム』についてお話しをしようと思います!


 

ブラキシズムとは・・・・

無意識(知らず知らず)のうちに行っている噛みしめや歯ぎしりなどの総称をいいます。


ブラキシズムは以下の3種類のタイプがあります。


 

“グラインディング”

上の歯と下の歯を強くこすり合わせるタイプの歯ぎしりです。

一般的に言われる歯ぎしりがこのタイプで、一番多くの人が行っており、ギリギリ、ギシギシと音が聞こえてくるのが特徴です。


 

 

“クレンチング”

上の歯と下の歯を噛みしめるタイプの歯ぎしりで、食いしばりとも言われます。

 

ぐっと、歯を強く食いしばるのが特徴で、寝ている時だけでなく、起きている時も、かなり緊張している時、ストレスがかかっている時などに、無意識に噛みしめています。

ギリギリ音がするグラインディングと違って、クレンチングは音がしません。ですが、食いしばる力はなんと60kg!ともいわれています。


 

 

“タッピング”

上下の歯をリズムカルにカチカチぶつけ合って行う歯ぎしりです。

 

カチカチカチと音がするのが大きな特徴です。

他の2つに比べると発生頻度は少ない歯ぎしりです。

 

 

 

実は・・・・

歯ぎしりや噛みしめは、自分がしているとは気づいていない方が大半です!

 

 

そこで・・・

以下の症状がある方は要注意!

ぜひ、鏡を見ながらチェックしてみてくださいね!

 

・頬や舌の横などに咬みしめた跡がある  

・寝ている時、家族から歯ぎしりをしていると言われたことがある

・日中集中している時などに無意識に咬みしめている  

・歯の先端がすり減っているまっすぐになっている  

・肩こりがひどかったり、頭痛が多い

・歯茎が硬く出っ張っているところがある    

・歯の付け根がくぼんでいる

・顎に痛みやだるさを感じたり、顎が開きづらいことがある



ブラキシズムで疲れた歯には・・・・https://kawakamishika-panjo.com/kosyu

 

 

関連記事

堺市南区の歯医者なら川上歯科パンジョ診療所

川上歯科パンジョ診療所
〒 590-0115 大阪府堺市南区茶山台1-2-4 パンジョ西館3F
TEL
0120-33-8211
診療時間
9:30~12:30 ×
14:00~19:30 ×
  • ※ 休診日:日曜日、祝祭日、年末年始、お盆の時期